パピヨン

祖母のパピヨンが吠えまくったが、なんとか解決

更新日:

 

主に母が欲しいと希望し家族に迎えたのですが、賃貸の自宅はペット禁止だった為戸建ての祖父母宅で飼うことになりました。

その為母が仕事や私が学校に通っている間は、主に祖母が面倒を見ていてくれたのですが、数年後祖父が高齢の為仕事を退職し自宅に居るようになってからが大変でした。

それまではお座りやお手、待てなどある程度の躾は終わっていたのですが、祖父母宅が道路に面していた為大型のトラックなどが通ると家にかなりの音が響き、犬が怖いのか家族を守ろうとしてくれたのか、よく吠えるようになってしまったのです。

 

祖母が面倒を見ていた時は多少うるさくても我慢してもらい無視してくれていたのですが、祖父は我慢が出来なかったのか、吠えるのを辞めさせるためにオヤツを与え始めてしまいました。

何度注意しても聞いてくれず、吠えればオヤツが貰えると学習してしまい、日に何度も吠えてオヤツを強請るようになってしまいました。

それ以降今に至るまで、大型のトラックなどの大きな音がする車が通ると吠えてしまい、無駄吠えが無くならなくて困っています。

話は変わりますが、犬が5、6歳頃に私が結婚したのですが、自宅から離れると必然的に祖父母宅からも離れる事となったのですが、母が仕事が終わり散歩などの世話の為顔を見せるのですが、その際私が居ないことに疑問があったようで、散歩に出掛けるといつもならお気に入りの公園やお友達の家の近くを歩くのに、私を探そうと自宅周辺をグルグル回るだけで、しばらくの間母や犬に悲しい思いをさせてしまったそうです。

 

その後子どもが生まれ、祖父母宅に生後数ヶ月の子どもを連れ遊びに行ったのですが、私を取られたと思ったのか、新しい家族だと思ってくれなかったのか、かなり怒ったような感じで吠えられ、挙句には朝ごはんを戻してしまう程興奮させてしまいました。

もう少しマメに会うなり、子どもが生まれた時どんな風に対応してあげれば良いのか調べておくべきだったな、と反省しました。

よく動画投稿サイトで、自宅に生まれてすぐの赤ちゃんとお母さんが帰ってきても、すぐに赤ちゃんの面倒を見るような対応をする犬や猫の動画を視聴していたので、面倒を見る事は無くても嫌われる事は無いだろうと安易な気持ちで居たのは確かです。

やはり個体差があるものなのですね。

 

その後は外で会うようにしたり、回数を重ねて少しずつ慣れていき、今では小学生になった子どもと母や私とで散歩に行ける程に仲良くなり、祖父母宅に遊びに行くと子どもを歓迎するような仕草も見せてくれるようになったので、一安心です。

(パピヨン・4歳・オス)

-パピヨン

Copyright© 犬のしつけ方の失敗談・大百科 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.