考察

メス盛りの団地妻は夫の居ぬ間に交尾する3話ネタバレ&無料試し読み

更新日:


「メス盛りの団地妻は夫の居ぬ間に交尾する」をネタバレ!

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

エピソード2 白石アンナ~ビッチなヤンママとの浮気子作り~その1
あらすじ・ネタバレ

 

エピソード2

302号室

白石アンナ(25歳)

 

主人公がこのマンションに住み込みで働きだして3週間ほどでした。

 

オーナーから主人公の話を聞いた主婦達から予約が入り、昼間の旦那のいない時間にこの部屋で落ち合う。

 

仕事内容は欲求不満の人妻たちのストレス発散の為の性行為です。

 

始めはうしろめたさを感じていた主人公ですが、色々と考える内にストレスを少しでも解消してやれるならとやりがいを感じはじめていたのでした。

 

 

今日の相手は白石アンナ25歳。

 

 

子供は二人。

 

若い内に結婚して出産。

 

オーナーの話だと旦那のセックスが淡白で年齢的にまだ遊び足りていないらしく、刺激的なセックスをしてみたいということでした。

 

 

アンナ

「おじゃましま~す♪君が今噂の男娼君だね!」

 

フレンドリーな感じに入ってきたアンナ。

 

オーナーであるめぐみに劣らないグラマラスな身体に胸元の大きく開いた服。

 

そんなアンナに対応する主人公。

 

アンナ

「アンナでいいよ♡子供と旦那の面倒で私すご~く溜まってるからスッキリさせてよね♡」

 

そう言うとアンナはギュッ…と主人公を抱きしめてきます。

 

アンナ

「あの性欲おばさんの相手できるんだから君もそうとうだよね♡」

「ほらどうしたの?キスして♡とびっきりスケベなやつ♡」

 

主人公

「んっ…はぁはぁ♡任せてアンナさん…♡チュパ♡」

 

―――レロ ヌルル… ヌル トロー‥

 

アンナ

「んっ…♡ はむぅ♡ レロレロ♡ あっ…♡ ちゅぱちゅぱ…♡ はぁ…んっ…上手ぅ…♡」

 

そして主人公はそのままギューっとアンナのお尻を掴むように触り始めます。

 

アンナ

「ひゃう♡ はぁはぁ♡ んっ♡ 触り方えっち♡ お尻揉まれるの好きぃ♡」

 

主人公

「安産型のいいお尻ですね♡やわらかくて大きくてすごくそそられます♡」

 

アンナ

「はぁはぁお兄さんのキスえっちだからアンナのスケベスイッチ入っちゃったよ♡」

「服脱いでもっといいことしよぉ♡」

 

そして服を脱いで下着姿になるアンナ。

 

 

アンナ

「どう♡ 今日は可愛いの選んできたんだ♡ 私もまだまだイケてるでしょ♡」

 

主人公

「めちゃくちゃスタイルいいですね♡ 子供二人も出産してるとは到底思えないです♡」

 

早速同様に服を脱いだ主人公のおち○ちんにアンナはしゃぶりつきます。

 

―――ジュルジュポジュポ

 

アンナ

「はぁはぁ♡ んっ♡ おいひい♡ はむぅ♡ んっ♡ じゅるるる♡」

「噂通りおっきくて立派♡」

 

感じる主人公。

 

アンナはさらにしゃぶりながら自分で自分のアソコを弄り始めます。

 

 

―――クチュクチュクチュ

 

 

アンナ

「んっ♡ はぁはぁ♡ チュパ これがアンナの中に入るんでしょ♡」

 

主人公

「ッツ…♡ 激しいッ♡ ヤバッ 精○登ってきてるッ ッはぁ…はぁ…♡」

 

そしてアンナは裏スジを這う様に舐め始めます。

 

―――ツー

 

主人公

「うあっ♡ そこッイイッ」

 

アンナ

「ぺろ…ちゅっ♡ ぺろぺろ 我慢汁こぼれちゃう♡ とろとろして…♡ んっ♡ おいひい♡ ぺろ」

 

―――ズルル~~‥ジュポジュポ♡

 

アンナ

「いつでもイっていいからね♡ んっ…はむ…じゅるる♡」

「アンナのお口にいっぱい射○してぇ…♡」

 

 

所謂ひょっとこフ○ラ状態になるアンナ。

 

 

主人公

「ぞくぞくしてッ…♡ っく…そろそろ…あうぅ出ちゃいそぉです…ッ」

 

その状態で舌であらゆる角度からヌルルとアンナは責めます。

 

主人公

「ック それヤバイッ…♡ あっ♡ 出るッイクッ♡」

 

アンナ

「いいよぉ♡ きてぇ 全部飲ませてッ♡」

 

―――ビュルル~~~♡ ドクドク

 

主人公

「っくッ♡ あっ♡ うあぁ♡ イクッ」

 

―――ゴク ゴクッ ズルル ゴクン

 

主人公

「はぁはぁ…♡ ふぅ…どんどん飲みこまれて…」

「尿道吸い出されるの気持ちいいです♡ はぁ~…」

 

アンナはそれを飲み干すと口の中を見せながらこう言います。

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

アンナ

「ねっとり濃くて喉に絡まってくる♡ こんなに出したのに全然勃○治まる気配ないね♡」

「噂通りの絶倫君なんだ♡笑」

「まだ何回もイケそうだし アンナと合体する前に…」

「自慢のおっぱいで気持ち良くしてあげるね♡」

 

―――むにゅ ギューーーーッ‥♡

 

アンナ

「えいッ♡ ほ~ら全部包まれちゃった」

「こうしてぎゅーってされるのすごく気持ちいいんでしょ♡」

 

アンナは主人公のおち○ちんをその大きな胸でぎゅうぎゅうに締め付けてきます。

 

―――ズリッズリズリ

 

アンナ

「はぁはぁ♡ どう?おっぱいの中にじゅぽじゅぽ挿入してるみたいでしょ♡」

「おち○ちん胸の中でビクンビクンしてるよ♡」

 

アンナはおっぱいを上下に動かし、主人公のおち○ちんを扱きあげます。

 

アンナ

「まだまだこれからだよ♡」

 

そう言うとアンナはおっぱいの先をつまみ搾り出し始めます。

 

――――ギュッピューー‥

 

アンナ

「今限定の母乳ローションまみれのとろっとろのパイズリで射○させてあげる♡」

 

主人公

「母乳温かくて…いい匂いがする背徳感ヤバイです♡」

 

―――グチュグチュヌ゛ル

 

アンナ

「エッチな音聞こえる?お兄さんの我慢汁と母乳でおっぱいの中ぐちょぐちょだよ♡」

 

オマ○コの様なその感覚に主人公はすぐに射○感に襲われます。

 

アンナ

「ほらほらどうだ♡ もうイっちゃえ♡ えいえい♡」

「あっ…♡ おち○ちんビクビクしてきた♡」

 

主人公

「あっ…あっ…もうっ…っく…でっ…出るッ!」

「っくッ♡ あっ…♡イクッ♡ ッツ」

 

―――ドピュッ ビュルル~~~‥ ドク ドク ドピッ ビュルルーー‥

アンナ

「キャッ♡ すごい おち○ちん胸の中で跳ねあがってる♡」

「はぁはぁ♡いっぱい出たね~♡ 精○熱い…ヤケドしちゃいそぉ」

「ほらね♡ アンナのおっぱいずっごく気持ち良かったでしょ♡」

 

 

主人公

 

「はぁはぁ♡ ふぅ…めちゃくちゃ良かったです…はぁ…はぁ…♡」

 

~つづく~

 

「メス盛りの団地妻は夫の居ぬ間に交尾する」エピソード2 その1の感想

 

エピソード1のめぐみさんとはまた違った人妻・お姉さんでしたね。

 

めぐみさんが妖艶な感じが強かったのに対してアンナさんは『アンナちゃん』と言いたくなる程無邪気で可愛らしいお姉さん。

 

あくまで個人的な感想ですが、私的にはこっちのアンナちゃんの方が好きです。

 

いいですよね、無邪気に可愛がってくれるお姉ちゃんキャラ。

 

そして前戯を終えた二人は次話にて『孕み慣れた』という素敵なワードのオマ○コに挿入。

 

さらに念入りに種付けとかなり魅力的なお話になっているようで…?

 

次回が楽しみです1

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

-考察

Copyright© メス盛りの団地妻は夫の居ぬ間に交尾するネタバレ完全版 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.