考察

S家に嫁いだM嬢の日常1話ネタバレあらすじ

投稿日:

 

「S家に嫁いだM嬢の日常」をネタバレします!

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

あらすじネタバレ

 

高台の林の中に佇むS家は代々医者や学者を輩出してきた名家でした。

 

そこへ嫁いだ女性が一人います。

 

しかし、S家では充分に快楽を得られる身体で身籠った子は優秀に育つと考えられ、決められたカリキュラムに沿って身体の開発を行うという変わった風習があったのです。

 

その教育制度を承知で嫁いだ彼女・メリーはーー。

メイド「奥様おはうようございます。」

朝の入浴をすませると、メイド長に今日の予定を告げられながら支度をします。

 

そしてここからがS家の風習で、前日の精◯が残ってないか、メイドが指を挿入れてチェックします。ーークチュグチュッヌチュ

 

それは古い精◯がより良い妊娠の妨げにならないようにするためです。

 

しかし今日の担当は新米メイドのようで、膣の中を掻き出す指が予期せぬ所を擦り、その都度昨晩の熱を思い出し、あられもない声をあげてしまったのでした。

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

それが終わると訓練用に特別にあしらわれた衣装に着替え、講師の指導の元で乗馬の練習をします。

 

鞍には旦那様のペニスを模して特別に作られたものが装着されており、挿入して腰と馬の動きを合わせる練習をするのでしたーー。

講師 「さぁ奥様、挿入なさってください。」ーーヌプッヌププ…

メリー「旦那様の…おっきぃの…んんっ。」

講師 「奥様、まだイってはなりません。今日は腰を動かすだけでなく、程よく締め付けることで生まれる快感を覚えていただきます。」

「その為に…。」ーーヌプッ…

 

メリー「あっ…おしりぃ…んぅっ。」

講師はお尻に張方を挿入し、そのまま馬に乗せて散歩をさせ始めたのでした。

 

メリー「んぁっ…下からっ…あっ。」

 

メリーは講師に言われるがまま練習を続けます。

 

すると、講師は馬を走らせ始めたのでしたーー。

メリー「ひゃぅっ…これっ…きもちいぃっ。」

「もぅっ…らめっ、あっ…んひっ。」

「んっ…イくっ…イくっーーー。」

しかし馬は走るのをやめてくれません。

メリー「んぅっ…とまってぇっ。激しいのぉっ…あんっ。」

どうやら馬はメリーの痴態にあてられ、予想外に暴れ出していたのでした。

 

講師が追いつく頃には、既にメリーの意識は朦朧とし、膣内は止まることなく収縮を繰り返していましたーー。

ーつづくー

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

-考察

Copyright© S家に嫁いだM嬢~ネタバレ&無料試し読み , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.